So-net無料ブログ作成
お笑い ブログトップ

【話題沸騰】生稲晃子の野猪の血抜き(やいののちぬき) [お笑い]

10月にTBSで放送された
「有吉弘行のドッ喜利王」
お腹痛くなるくらい爆笑
でした。


以前の記事でも野猪の血抜き
を話題にしましたが、
最近

『生稲晃子の野猪の血抜き』


のラジオ番組の動画が
youtubeにアップされました。


生稲晃子さんが自らブログで
紹介したこともあって、
話題になっています。









生稲晃子が今気になっている
ことを
「しぼってきました」
のネタふりから
「生稲晃子の野猪の血抜き」
のタイトルコールで
始まりますが、


プロのハンターさんが
野猪の捕獲の仕方から
解体方法まで語っています。
専門家なので
きちんと解説してくれます。


「野猪」という言葉は
ラジオのなかでも専門家は
「そんな言葉は無いよ」
と言っているように、
くーちゃんの造語なんですが
「血抜き」というのは
実際に行われています。
ネタとして解説をしてくれて
いるのではないみたいです。


素早く、適切に「血抜き」と
「内臓の取り出し」を
行えば、イノシシ特有の
臭みも減るし、
美味しく食べれます!


最後は、狩猟に興味を
持っている方は、ぜひ
一緒にやりましょう。
日本の狩猟業界を盛り上げて
いきましょう!
というなんかまともな
終わり方をしてますし、
なかなかちゃんとした番組に
仕上がっています。


ひょっとして、
これを見て、私もハンターに
なりたいという若者が
出てくるのではないか
とも思わせます。

野猪ではないですが、
ホリエモンこと
堀江貴文さんも、北海道で
エゾシカを捕獲して、
自らさばいて
高級生ハムを作られて
おられます。

すごい!











軟式globe KOIKEの現在 『学校へ行こう』 [お笑い]

軟式globe KOIKEの現在 『学校へ行こう』

TBSの人気番組だった
V6の番組
『学校へ行こう』が
7年ぶりに一夜限り復活。

名物コーナーの
「B-RAPハイスクール」
で大人気だった軟式globe

ボーカル担当のKOIKEと
ラップ担当のパーク・マンサー
のコンビで、globeの替え歌を
披露していました。

「アホだな~♪」 「そうだよ!アホだよ♪」
のフレーズは今でも耳に残っています。
死ぬほど笑っていた記憶があります。


そんな軟式globe KOIKE
ですが、当時からすごく
かわいいということで
人気だったのですが、
現在はどうしているのでしょうか。


軟式globe解散後は、
「ダンシング刑事」という
ユニットで活動しており、
「おとなし刑事(スケバン刑事)」
という芸名で活動もしていましたが、

2005年に地元の先輩と結婚して
芸能界を引退しています。
現在は2児の母親です。

1夜限り復活したときの
ニコ生の動画がありました。



KOIKEは変わらずかわいいですが
でもやっぱり昔のほうがかわいいですね。

当時も笑ってしまったこともありましたが
今回は素で間違えてますね。

パーク・マンサーは今回も撃沈でしたね。
(当時も何回も告白して撃沈しています。)

やっぱり大人気だった当時と
比べればキレが悪いですね。

当時の全出演をまとめた神のような
動画がありました。



途中音声が抜けているところ(28:50)もありますが
60分一気に見てしまいました。
爆笑しっぱなしでした。


軟式globe の現在は
2代目の週末KOIKEを迎えて
パーク・マンサーは
3代目パーク・マンサー(名前を変えただけ)として
復活いているようです。
⇒globeだけでは飽き足らず、
 3代目J.S.Bもぶっ込んできたんですね。

B-RAPはほかにも名物
キャラがたくさんいて
本当に爆笑ものでした。

『学校へ行こう』
一夜限りといわず
再開してほしいですね。


「おそ松さん」はやくも修正!?『ほれいけ!DEKAPAN-MAN』(デカパンマン) [お笑い]

第1話から人気アニメのパロディ
満載で始まった
「おそ松さん」

昭和のTVアニメ「おそ松くん」が
赤塚不二夫誕生80周年の記念
として復活[exclamation&question]したものだが
早くも第3話が波紋を呼んでいる。


第1話から
『うたの☆プリンスさまっ♪』
『弱虫ペダル』
『ラブライブ!』

などの人気アニメのパロディ
が盛りだくさんで、


問題になったのは、
第3話の「こぼれ話集」での、
『それいけ!アンパンマン』
のパロディネタで
『ほれいけ!DEKAPAN-MAN』。



(1回目は4分10秒くらいから。全3回ある。)


デカパンマンに扮したデカパンが、
お腹をすかした子供に
自分の頭をあげるアンパンマン
にならい、
デカパンマンのパンツの中から
踏ん張って出した茶色い
「かりんとう」をあげたり、


野球のボールがなくなった
少年たちにパンツの中から
金色のボールを取り出して
あげたり、


面白いけど、大丈夫かこれ
っていう内容だったが、
案の定、修正が入ったようだ。


テレビ東京で19日に放送された
5日後、24日にBSジャパンで放送
された時には、


『ほれいけ!DEKAPAN-MAN』が、
ただの『DEKAPAN-MAN』に
変更され、
背景画像も、
『それいけ!アンパンマン』風から
ピンクののドットに変更されていた。
さらに、デカパンマンのマントが
アンパンマン風の赤色から水色に
変更され、


一番のネタどころも
デカパンマンが踏ん張って
捻出した「かりんとう」は、
茶色い棒から光る棒になり、
パンツの中から出した、
「金色のボール」は
ただの白い野球ボールへと
変更され、
普通にものをあげただけの
イマイチ面白くないものに
なってしまった。


テレビ東京高橋社長は、
「地上波の放送終了後に、
『修正した方がいいのでは?』と意見が出た。
アンパンマンは子供にとって大事なアニメ。
オリジナルに失礼な行為だった」
と修正の経緯を明らかにした。


これ以外でも
デカパンマンが銃で撃たれたりとか
銭湯での下ネタ満載のクイズだったりとか、
第1話では「赤塚先生怒ってないかな?」
「平気だよ、だいぶ前に死んだから」
とか、過激な描写が目立って
大丈夫かと思っていたんだが、
そこはOKなんだと。


でも、
芸能人のモノマネで
コロッケみたいに
やりすぎると本人から
怒られるように、
パロディ部分は
オリジナルのイメージを
ぶち壊さない程度じゃないと
NGなのだな。


パロディネタは
オリジナルを連想させながらも
対極なことをやる
ことに面白さがあるのだが、
そこに下ネタが絡むとややこしくなる。


下ネタの笑いは
芸人の間でもある意味
反則技になっているように
下ネタに頼らない笑いを
作りこんでほしいところだ。


パロディネタも
それ以外の箇所も十分面白いので
今後も楽しみだ。


番組ホームページでグッズも紹介されている。
「松パーカー」がほしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

野猪の血抜き(やいののちぬき) [お笑い]

『野猪の血抜き』(やいののちぬき)
という言葉をご存じでしょうか。

これはお笑いコンビ野生爆弾のくぅちゃん(幸田來未ではない)が、
ある大喜利番組で出した回答です。(←実際にこのような言葉はありません)

yabaku.jpg
くうちゃん



そのある番組というのは、

『有吉弘行のドッ喜利王』

面白すぎでした。

どんな番組かというと、

番組のうたい文句としては
「もしも、大喜利の答えがドッキリとして返ってきたら!?」

というテーマで、事前収録の大喜利で
自分が出した答えが
数か月後に忘れたころにドッキリとして返ってくるという番組。


たとえば、事前の大喜利で
「カフェで注文を聞きに来た店員さんを思わず2度見、なぜ?」


というお題が出題され、このお題に対して芸人さんが
「定員さんが黒い服を着た林家パー子」
と答えたとすると、


そんな答えもわすれたであろう
何か月後かにカフェでお茶をしていると


注文を聞きに来た店員さんが、
黒い服を着た林家パー子!
というドッキリで芸人さんのリアクションを楽しむという番組です。




今回出されたお題はこんな感じ

<大喜利のお題>
・こんな心霊ロケは怖がりづらい。
 一体なぜ?
・楽屋で謎のボタンを発見。
 押したらどうなった? 
・「意外!あの人ラジオではこんなキャラなんだ…」誰のなんてラジオ?
・「このタクシー完全に俺をナメてるな・・・」一体なぜ?
・写真を見て答えなさい。
 「なんて言ってる?」
・日本一アウトローな人間ドックって、
  一体どんな人間ドック?
・空欄を埋めてチャラに
 してください。 
 「突然、水をかけられたけれど(      )」


冒頭のくぅちゃんの野猪の血抜きは
「意外!あの人ラジオではこんなキャラなんだ…」誰のなんてラジオ?

「生稲晃子の野猪の血抜き」
と答えたものでした。


意外と面白かったうえに、生稲晃子さん方も
話が盛り上がって、偽ラジオ番組に1時間収録したんですって。
(実際の野猪の血抜きは5分で終わるそうです・・・)

その偽ラジオ番組はこちらをご覧ください。



個人的に一番おもしろかったのは
・「このタクシー完全に俺をナメてるな・・・」一体なぜ?
で三四郎の小宮が答えた
「親の仇なみに遅い」
に対してのドッキリ。
大喜利の答えはいまいちよくわからなかったのですが、
とにかくドッキリでのタクシーの遅さと小宮のあわてぶりには爆笑しました。
キレるかと思ったんですが、「お、降ります」って降りちゃいました。

タクシーシリーズはほかにも面白いものが連発でした。
アントニーの「もうひとり黒人を乗せる」(←結局これが優勝)
あばれる君の「半裸」とか大喜利ではたいして面白くなかったのですが、
ドッキリで大爆笑してしまいました。

これまたくぅちゃんの回答のドッキリもも面白かったです。
なんやったかな、運転手がよだれ玉?をしているというものでした。
このドッキリに合わせて、先ほどの「生稲晃子の野猪の血抜き」が
タクシーのラジオで流れるという2つのドッキリを一度にやったという
流れだったんですね。


これ久々に毎回見たい番組だ。
次回も楽しみだー。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
お笑い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。