So-net無料ブログ作成
検索選択

小久保監督の采配は悪かったのか。プレミア12 [スポーツ]

韓国初代王者、日本3位で終わった
野球の世界大会プレミア12

プレミア12.jpg


準決勝の日本v.s.韓国の敗戦で
小久保監督に抗議が殺到している
ようだ。

小久保監督の采配が下手だ[むかっ(怒り)]
監督経験がないのに、経験不足だった
など。いろいろな人が解説している
けど、個人的に感じたことを
勝手につらつら


●大谷翔平の投手交代はアリかナシか
小久保監督が最も責められているのが、
大谷投手の交代であろう。
7回まで韓国打線相手に1安打11奪三振と
あわよくばノーヒットゲームをするのでは
ないかとの勢いだった大谷をまだ球数が
85球の7回終了で降板させて、8回から
則本に交代したところである。


ここは確かに難しいと思う。
流れとしては変えないほうがいい場面
だと思う。
ペナントレースの所属球団での采配であれば
間違いなく続投の場面。
ただし、今回は選抜チームの世界大会なので、
特に投手の起用にはかなり気をつかう。
今回のプレミア12には投手の球数制限は
無いものの、WBCでは投手の球数制限が
あるほど選手に無理をさせるのは
ご法度な空気がある。


また、各球団の猛者を選抜しているため、
選手層は豪華なことも考慮に入れると
交代という判断も見えてくる。
事実、日本ハムのエース大谷から
楽天のエース則本と通常の球団では
ありえない贅沢なリリーフだったことは
確かである。

個人的には大谷交代の判断はアリだったと思う。

●則本がアリかナシか
(ネットで戦犯とも言われているが・・・)
大谷交代がアリだとしても
では、交代したのが則本がアリかナシか。

投手としての則本は決して悪くないし、
今大会でも調子も悪くなかった。
事実8回は3人でピシャリと押さえているから、
則本が特段悪いという感じはない。

でも気になる点は2点ある。
小久保監督が反省しているように、
則本はあくまで先発投手。
投手としての能力は高くても、
リリーフのプロではない。

先発とリリーフでは
試合へのメンタルの持って行き方が
明らかに違う。

例えば、先発はメジャーリーグでは、
クオリティスタートという言葉が
あるように、6イニングで自責点3以内で
あれば、良しとされるが、
リリーフは1点も落とせない場合で
投げないといけないケースも
しばしばある。

いつもと違う役割で、
シーズン中と同じ力を
発揮しろというのも無理がある。
ここはリリーフ専門の選手を選んで
起用すべきだったと思う。


もう1点は則本の持ち味はストレート
であったこと。
本大会の予選でも、ストレートで空振り三振
を取っているくらい則本はストレートで押す。
もちろん、スライダー、チェンジアップも
よく使うが、ストレートのイメージが強い。

則本単独では素晴らしい投手でも、
160キロのストレートを投げる大谷の
あとのリリーフであれば、どうしても遅く感じて
しまうだろう。160キロに慣れた韓国選手は
則本の球は遅く見えたと思う。


個人的には
則本は決して戦犯ではないが、
あそこで則本の起用はナシだと思う。







●その他、勝手に批評すると
大谷の交代は仕方なかったとして、
また、則本がナシながらも8回はしっかり
抑えたところから、そこまではOK。

でも、9回も則本が投げるのは微妙だし、
9回の交代も遅かった。満塁になるまでに
変えるべきだった。

あと、もともとコントロールが悪くて
星野監督時代何回もブチ切れられてた
楽天の松井祐樹を満塁で起用するなんて
無謀だ。押し出しは当然の結果だと思う。


●最大のミスは何だったか勝手に決める
結局は9回を任せらえる守護神がいなかったことに 尽きるのではないか。 勝利の方程式がなかったのに、 大谷を中途半端に降板させたことだろう。


素人で、しかも現場にいない人が
外野からぐちゃぐちゃ批判するべき
ではないというのは百も承知で
個人的な感想を勝手に言わしてもらうと


小久保監督の人選ミスと
采配ミスの感じは否めないかなと
感じた敗戦だった。


でも本当は誰の責任でもない。
ミスしたひとにスポットが当たりがち
だけど、バッターだって、3点しかとれてないし、
そのうち1点は相手のミスだし。
ノーヒットのバッターもいるし、
でもそれは責められない。
誰かがどこかでカバーし合うのが野球
をはじめとしたチームスポーツ
なんであって、誰かのワンプレイで
負けたというのは本当は
的外れな批判なんだな。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

NO NAME

責任の所在を明らかにすることは絶対に必要。
誰の責任でもないなんて言っていたら、問題がうやむやになり、また同じミスを繰り返すだけ。
それにミスをカバーって、ここまで奮起してきた打線にもっと点を取って監督のミスをカバーしろなんて言えませんよ。俺は。
ベネズエラ戦で一度は、監督の継投ミスを打線で帳消しにしてるんだし。
小久保監督がここまで世間から批判されてるのは、1つ2つ采配ミスをしたからという以上に、予選を通してミスから学ぼうとしなかったからだと思いますよ。
by NO NAME (2015-11-23 20:41) 

MASA

コメントありがとうございます。
そうですね。誰かの責任というよりは、何が原因で負けたのかははっきりさせて、次に生かさないと同じことを繰り返すだけですね。ただ、監督を変えたらいいってことでもないかもしれませんが。サッカーの日本代表のように。
小久保監督のミスは確かに目に余るものがありました。でも、則本をはじめとしたリリーフ陣がネットでちらほら戦犯扱いされているのはちょっと違うのかなと思った次第でした。
管理者MASA
by MASA (2015-11-24 17:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。