So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方さん博士号を剥奪される [芸能ニュース]

小保方さん博士号を剥奪される


STAP細胞騒動の渦中の人であった
小保方晴子さんの
早稲田大学の博士号の剥奪が
決定されました。

小保方.jpg
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/36011799.ht...より転載


2014年にSTAP細胞を発表して
一躍時の人となったのですが、
その後にSTAP細胞の疑惑発覚
から、早稲田大学時代の
博士論文にもコピペや実験画像の問題、
参考文献に問題があったなどが
発覚したものです。


その後
調査委員会が設置され、
小保方さんの論文の不正疑惑
についての調査がなされ、
調査委員会の結果は、
「博士学位を授与されるべき人物に値しない」
とされたが、
「学位の取り消し規定には該当しない」
との結論でした。

しかしながら、
この調査委員会の結論に
多くの疑問の声が挙がり、
最終的に早稲田大学は
調査委員会の結果を受け入れず、
1年の猶予期間の間に、小保方さん
が再始動、再教育を受けたうえで
論文を訂正・再提出し、
これが認められれば学位(博士号)は
維持すると決定したのでした。


そして、今回、小保方さんは
猶予期間内に、論文を訂正して
提出したものの、不合格の判定となり
博士号の剥奪となりました。

小保方さんが弁護士を通じて
出したコメントには、
修正論文提出前から、
「今回は合格する可能性は
とても低い」と伝えられ、
不合格の理由についても
「博士と認めることができないのは、
一連の業界の反応を見ても
自明なのではないか」
とのコメントがあったこと、

審査教官とのやり取りも1回のみで
不合格判定をされ、
その後の意見は聞いてもらえなかった
ことから
当初から不合格を前提とした手続であり、
とても不公正なものであったとあります。

小保方さんのコメントが
100%正しいニュアンスなのかどうか
はわかりませんが、

公正性に欠けるのは確かかなと思います。

・小保方さん以外の論文における
コピペや誤りについて同レベルの処分を行っていない。
ほとんどの論文でコピペとか引用誤りとかくらいは
あると思います。イマドキ。

・指導官、審査官は何を見てたのでしょうか?
彼らの責任はどうなっているのでしょうか。

常田聡(指導教員、主査):停職1か月
武岡真司(副査):訓戒
鎌田薫(総長):役職手当の20%、5か月分を返上

だそうです。
今後の研究職生命が立たれた
小保方さんとの処分の差は歴然です。

・学位取消し規定には該当しないと
 調査委員会が結論付けたにもかかわらず
 その判定を大学側が無視
 する明確な理由にとぼしいこと。


結局STAP細胞の
の一連の騒動はなんだった
のでしょうかね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。