So-net無料ブログ作成
検索選択

ラグビー ウォークライの種類 ハカだけじゃない! [スポーツ]

ハカ(HAKA)とは、
本来はマオリ族が戦いの前に
自らを鼓舞し、
相手を威嚇する民族舞踊で、


ラグビーの
ニュージーランド代表(オールブラックス)
が試合前に行うものとして有名です。


あれ、でも、オールブラックス以外でも
同じような踊りを見たことがあるなー
って思ったのですが、
ハカにもいろいろな種類があるの
でしょうか。


ハカは、
ウォークライ(War cry)
という
闘い前の雄叫びの一種であり、
ニュージーランド代表のがハカ
といい、
他国の代表もそれぞれ
ウォークライ(War cry)
を持っているということ。

・トンガ代表はシピタウ
・サモア代表はシヴァタウ
・フィジー代表はシンビ(シビ)
・トンガ・サモア・フィジーの選抜チームの
 パシフィックアイランダーズ
 がやるもの
があります。


オールブラックス ウォークライ 「ハカ」


昔は並びもバラバラ、
踊りもバラバラだったことが
多かったのですが、
最近のハカはとV字の
陣形で、みんなきちんと
練習しているので
きれいです。



トンガ代表 ウォークライ「シピタウ」 V.S.ニュージーランド代表 ウォークライ「ハカ」


トンガ代表のシピタウ中に
ニュージーランド代表がハカを
始めて大迫力。
本来はお互いを尊重して
相手が終わった後に行うのですが
触発されて
ウォークライ(War cry)バトル
になるのですね。


トンガ代表がニュージーランドのハカ
中にシピタウを始めた逆パターンも
有名な動画があります。
こちらは一触即発[むかっ(怒り)]





サモア代表 ウォークライ「シヴァタウ」 V.S.日本代表


日本代表に負けちゃうんだけどねー。


フィジー代表 ウォークライ「シンビ(シビ)」


シンビは陣形がかっこいい




2015年ラグビーW杯 
イングランド大会は
ニュージーランド代表の
オールブラックスが
オーストラリア代表に
34-17で勝利し、、
史上初の2大会連続で
史上最多の3度目の
優勝で幕を閉じたようです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。